他の病気を引き起こす!姿勢が悪い方に知ってほしい原因とは

他の病気を引き起こす!姿勢が悪い方に知ってほしい原因とは

姿勢が悪いことにお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。その状態を改善することはとても大切ですが、それと同じくらい原因が何であるのかということを知ることが重要です。原因を知っていることで改善後に再発を防止することが可能となるでしょう。そこで今回は、姿勢が悪い方に知ってほしい原因についてご紹介いたします。

身体的な問題

姿勢が悪くなってしまう原因の一つが身体的な問題です。さまざまな理由によって背骨など、姿勢関係する身体の部位に以上が発生することによって、正常な姿勢ではいられなくなってしまうのです。代表的な例は以下となります。

背骨の変形

何らかの理由によって背骨が変形してしまうことがあります。街中などで高齢者の方の背中が曲がっている姿を見たことがあるという方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。まさに背骨の変形によって起こっている姿勢の悪さとなっています。加齢によって発症してしまうもので、じわじわと変形が進行してしまうのです。姿勢の悪さはもちろんのこと、神経を圧迫してしまうため痛みやしびれといった症状が伴うというのも特徴です。

脊髄性筋萎縮症(せきずいせいきんいしゅくしょう)

わたしたちの身体では通常、運動ニューロンと呼ばれる神経細胞が存在しており、筋肉の活動を調整しています。しかし、この運動ニューロンが分泌されなくなってしまうことによって、筋肉が活動することができなくなり萎縮し、最終的に姿勢が悪くなるのです。その原因としては遺伝性なものとなります。両親から受け継いだ遺伝子に変化が生じることで発症するのです。

精神的な問題

意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、精神的な問題によっても姿勢が悪くなってしまうことがあります。

たとえば精神的に落ち込んでいる状態ですと、その変化は表情などにも現れるでしょう。同時に体に対しても影響を及ぼしてしまうので、元気なときに比べると前傾姿勢になってしまう傾向にあると言えます。落ち込んでいるときに正しい姿勢でいるということが難しくなってしまうことがあるのです。とくに姿勢を意識できる精神状態でもないので、気持ちが落ち込んでいる期間は姿勢が悪いままになってしまいます。

また、ストレスに関しても姿勢に影響します。仕事など社会では必ずと行っていいほどストレスを感じてしまうのが現代です。ストレス解消が適度にできていれば問題ありませんが、ストレスが溜まりすぎてしまったときに、精神的な面だけでなく身体的な変化が発生してしまいます。ストレスを抱えていることが姿勢にも影響し、正しい姿勢から崩れてしまいます。その状態が続くことで骨盤の歪みなどにつながってしまうのです。

生活習慣によるもの

姿勢が悪くなってしまう原因として、生活習慣によるものも含まれます。

長時間のデスクワークによるもの

デスクワークの仕事ですと、長時間同じ姿勢でいつ頃が多くなります。その状態が続くことによって、肩こりや腰痛などの症状が出始めるようになるのです。すると無意識のうちに痛みやコリを感じる部位を守るようにして姿勢が悪くなってしまうのです。

また、PCを使用されるデスクワークがほとんどかと思いますが、PCモニタを覗き込んでいるうちに顔が徐々にモニタによる形になり、猫背になってしまうのです。

スマホの利用によるもの

スマホが普及したことによって、日常生活においてもはや欠かすことのできないデバイスとなりました。手のひらサイズのパソコンのようなものなので、移動中や待機中など時間があれば操作をされている方が多く見受けられます。

そんなスマホの利用によっても姿勢が悪くなってしまうのです。ほとんどの場合、スマホを胸のあたりの高さで操作します。このとき顔は斜め下を向いているので、その状態が続くと次第に猫背になっていってしまうのです。

また、同時にストレートネックになりうる危険性もはらんでいます。とくにスマホの利用による姿勢の悪さは20代前後の若い世代において多く見受けられます。

早急に改善しなければならない理由

姿勢の悪さは早急に改善しなければなりません。それは精神的にも身体的にも悪影響を与えてしまうためです。姿勢が悪くなってしまうと、自律神経に影響が出ます。これは研究によっても証明されている事実です。

自律神経が正常であることによって夜はしっかりと睡眠ができ、日中は活動的でいられるわけです。しかし、自律神経のサイクルが乱れてしまうと、夜はなかなか寝付けなくなり日中は慢性的な眠気に襲われるなど、支障をきたしてしまうような問題となります。

自律神経の乱れによって、ストレスを感じるようにもなるでしょう。自律神経はストレスによっても発生や悪化をしてしまうので、まさに悪循環です。最終的に精神面がボロボロになり、身体的にも弱ってしまう恐れがあるのです。

また、姿勢の悪さが腰痛などの痛みへつながることも多くなっています。一度腰痛になってしまうと、姿勢が改善されるまでは原因が残ったままになってしまうので、痛みやしびれと付き合い続けなければなりません。日常生活において腰の重要性は非常に高いので、動くことすら億劫になってしまうほどの支障が出てしまいます。

放置してしまうとただただ悪化してしまうので、早急に改善することで姿勢だけでなく身体全体を守りましょう。そのためにはトレーニングをしたり、身体のことについての理解を深めたりすることが大切です。

まとめ

姿勢が悪いと見た目が良くないという点が挙げられますが、その他の疾患を引き起こしてしまう恐れもあるのです。しっかりと原因を理解した上で、早急に改善しましょう。「SHUTUP&SQUAT」では、トレーナーによるスポーツ科学に基づいたトレーニングを提供しております。自由が丘と元住吉に店舗がありますので、その周辺や世田谷区などにお住まいの方はぜひお気軽にご相談ください。

2023年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031