スポーツジムを使うときの注意点6つ!ケガやトラブルを避けるために

スポーツジムを使うときの注意点6つ!ケガやトラブルを避けるために

「スポーツジムで気をつけるべきことはなにか」「ケガやトラブルに見舞われたくない」と、お考えの方も多いかもしれません。トレーニング時には、注意点を守ることが大切です。自身だけでなく、他の人も気持ちよく利用するために一定の配慮を心がけてください。

今回ははじめてスポーツジムを使う人のために、大切な注意点を合計6つ紹介します。記事を読めば通うときから利用中まで、気をつけるべきことがわかるでしょう。

ジムの利用の流れを確かめること

まずはジムに行く前に、大まかな流れを確かめておきましょう。一般的には以下のようになります。

  1. 受付
  2. 更衣室での着替えとロッカーへの荷物の保管
  3. 飲み物やタオルのように必要なものを用意しトレーニングへ移動
  4. トレーニング前のストレッチ
  5. トレーニングマシンの利用
  6. トレーニング後のストレッチ
  7. シャワーや着替えなどの帰りの支度、ロッカーから荷物を持ち帰る

ジムによっては、流れの一部が変わることもあります。行き先の公式サイトやスタッフへの連絡などを通して確かめましょう。

トレーニングマシンの使いっぱなしは控える

ジムでのマナーとして、トレーニングマシンの使いっぱなしはやめましょう。汗を拭き、重りや設定も元に戻してください。

トレーニングマシンは公共のものです。他人がすぐに使えるようにしないと、迷惑になります。とくに他人の汗がついたものは、だれも使いたがりません。汚れを拭き取るのがマナーです。

衛生面だけでなく重りへの配慮も大切です。人によって最適な重量が異なります。以上を考えて、器具を使い終わったら重りも戻しましょう。ランニングマシンのようなデジタル設定があるものも、離れるときは電源を切ってください。このように公共物は使った痕跡を、なるべく残さないのがマナーです。

同じものを長時間使うのは避ける

トレーニングマシンの使いっぱなしに関連して、同じトレーニングマシンを長時間使うのは避けましょう。他に使いたい人が使えず、迷惑をかけるかもしれません。使用回数や時間を適切に決め、待っている人がいたら譲ってください。ジムは公共の場所なので、互いに譲り合うことでトラブルを避けられます。

どうしてもマシンを使い続けたいときに他人が待っていたら、すぐに譲り自身は空いたときにまた使うようにしましょう。

たとえば30分の予定でランニングマシンを使う場合、30分経ったらすみやかに離れてください。使いたい器具を他人が使っているときは、終わるまでに他のトレーニングや休憩などですごしましょう。このようにジムでは、他人に配慮しながらの利用が重要です。

スマートフォンの音漏れはマナー違反

ジムにスマートフォンを持ち込む人も多いものの、音漏れに注意してください。音楽が漏れていることで、他人が集中しづらくなるからです。

スマートフォンの音楽を聴きながら、集中したい人もいるでしょう。しかし音漏れを不快に感じる人もいます。さらにジムによっては通話禁止のケースもあり、そもそもスマートフォンを持ち込めないこともあるでしょう。ジム内ではなるべくスマートフォンの電源を切り、ロッカーに保管するのがおすすめです。

貴重品の管理は慎重に

スマートフォンの音漏れに関連して、貴重品の管理にも気を配りましょう。スマートフォンや財布が盗まれるトラブルを避けるためです。

ロッカーに荷物や貴重品を収めたら、施錠を忘れないでください。ジムに持ち込めるのは飲みものやタオルなど、トレーニングに必要なぶんだけです。利用中に失くさないように、使ったロッカーの場所も覚えておきましょう。万が一貴重品を紛失した場合は、すぐにスタッフに報告してください。

他人との会話に夢中になりすぎない

他人との会話はほどほどにしましょう。トレーニングをしないでおしゃべりばかりしていると、周囲の迷惑になります。

ジムに何度も通うことで、だれかと仲良くなることもあるでしょう。しかしジム内ではトレーニングに集中したい人もいるので、なるべく静かにしてください。

どうしても会話が必要なときは他人から離れ、大きすぎない声で必要最小限の会話に努めましょう。ジム内では仲間とのコミュニケーションよりも、トレーニングへの専念が推奨されます。

まとめ

ジムではさまざまな注意点があります。貴重品の管理や流れを覚えるだけでなく、公共の場所ならではのマナーも心がけましょう。ジムは不特定多数の人が出入りするので、トレーニングマシンは譲り合いながら使うことになります。長時間独占したり、強引に割り込んだりしないようにしましょう。

また器具を使い終わったら、汗を拭いたり重りを戻したりしてください。次の人が気持ちよく使うためです。このようにジムでは、他のお客さまへの配慮を要します。できる限りのマナーを心がけながら、トレーニングに努めましょう。

東京都世田谷区奥沢の「SHUTUP&SQUAT」では、自由が丘と元住吉にジムを設けています。多種多様な器具があり、こちらでも他のお客さんが気持ちよく使えるように、譲り合いながらご利用ください。

自由が丘店ではソロからペアトレーニングまでできるほか、元住吉店では女性専用です。特有の悩みについて、解決できるメニューを実践できます。ジムで体を鍛えたいと思ったら、ぜひとも「SHUTUP&SQUAT」までご相談ください。

2024年3月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31